ネコとカメラの日々

k10dphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 11日

秩父長瀞宝登山の蝋梅

3連休最後の今日は晴天に恵まれました。
風もほとんどなく、ここ数日の寒さとはうって変わって比較的暖かく、蝋梅撮影には絶好の日和でした。
写真仲間3人で勇んで出かけ、宝登山には8時前に到着。
ロープウエイは9時からの運行のため、標高497mの宝登山山頂目指して
うねうねとした山道をえっちらおっちらと(ところどころ雪が残って凍っていたりして)登り、
山頂駅の広場につく頃には息があがってしまいました。
45分かかった~~。一息ついて、いざ、蝋梅園へ。
まず、出迎えてくれたのは福寿草とマンサクの花でした。
蝋梅園に入ると、濃厚な甘い香りがただよってきました。英名(WinterSweet・ウィンタースゥィート)というそうです。
約2,000㎡の敷地に500株、2,000本が咲き乱れています。
もう、満開と言っていいでしょうね。

臘梅は三種類あるそうです。
早咲きの素心蝋梅=香りが良く花芯部も黄色なのが特徴。
和臘梅=基本原種で花芯部はで紅紫色でやや小型。
満月蝋梅=素心臘梅から選抜された品種。花はより濃色の大輪。
名前の由来として、花がロウ細工のように美しいという説と、花弁の色が蜜蝋に似ているからという説、臘月(旧暦12月)に咲く花が梅に似ているからという説があるそうです。
植物学的には、梅の仲間ではなく、ロウバイ科ロウバイ属で中国中部原産の高さ3~4mになる落葉低木。まさに、冬に咲く花木の代表種ということです。

d0104645_19313776.jpg
d0104645_1932068.jpg

d0104645_19332255.jpg
d0104645_19334595.jpg
d0104645_1934645.jpg
d0104645_19342310.jpg
d0104645_19351930.jpg


by oldmancamera | 2008-02-11 19:36 | 草花ありて


<< 宝登山の蝋梅2      置物かい? >>